FC2ブログ

海の殺し屋グビラ

2005⁄11⁄26(土) 10:04
 飛行能力を生み出す足の推進力を失って、正位姿勢を保つこともできなくなったウルトラガールにグビラの必殺の一撃が打ち込まれる。
UltraGirlGubila2.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

TOP

海の殺し屋

2005⁄11⁄26(土) 10:00
グビラはまず獲物の足を狙った。

背後から突進してきたグビラのドリルがウルトラガールの太股に突き刺さった。
「フェアア」
ウルトラガールの悲鳴と共に、ウルトラガールの推進力は失われてしまった。
危うしウルトラガール。

UltraGirlGubila3.jpg

TOP

怪獣の体内

2005⁄11⁄20(日) 00:52
いくら屈強な皮膚を持つ怪獣でも内側からの攻撃には弱いはず。
そう考えたウルトラガールは身体を人間大に縮小し、怪獣の体内に飛び込んだ。
だがそれはとんでもない誤算だった。
怪獣の体内には無数の巨大な寄生虫が住み着いていたのだった。
「フェア、フェェアアア」
ウルトラガールはあっという巨大な線虫たちに身体を絡め取られてしまった。


COUさんの「20世紀のヒロイン」ゲームを参考に作って見ました。

UltraGirlTentacles.jpg

TOP

海底の死闘

2005⁄11⁄14(月) 00:09
海の中ではウルトラガールは不利だった。
地上とは比較にならない高速で動き回るグビラに比べて、
ウルトラガールの動きは地上の数分の1に落ちていた。
避ける暇もなく、突進してきたグビラのドリルがウルトラガールの腹部に突き刺さる。
グビラはそのままスピードを落とすことなく、海底にウルトラガールの身体を叩き付けた。
UltraGirlGubila.jpg

TOP

Neo夕日に死す

2005⁄11⁄12(土) 12:00


ウルトラマンNeoはぼやけた視野の片隅でガッツ星人の姿が透明になり消えていくのに気づいた。
もはやNeoの最期を見届ける必要もないのだ。

ウルトラマンNeoのエネルギーは夕日の中で尽きようとしていた。

NeoTimeLimit.jpg

TOP

初めての変身

2005⁄11⁄12(土) 10:03
「なんだこりゃ?」
高層ビルの窓に映ったものを朝霧将子は叫んだ。
「これが、あたし?」
口から出てきたのはというどこの国の言葉かも判らない「フェアアアア」という音だった。

UltraGirlItsMe.jpg

TOP

スライム

2005⁄11⁄12(土) 09:49
スライムたちはNeoの手足を溶かし徐々に身体の中心に向かってNeoを消化していく。

NeoSlime.jpg

TOP