FC2ブログ

スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

セカンドライフとPoser

2007⁄08⁄15(水) 17:55
 Poserとセカンドライフはものすごく似ている。
 特にPoser3,4ぐらいの時とすごく似ている。

 Poser4のフィギュアはデフォルトではバタ臭くて日本人向けのキャラクタではまったくない。
 けれど、モーフターゲットやテクスチャをいじくるとLinLinとかTenTenみたいに日本人好みのフィギュアに作り変えることができる。
 モーフターゲットを0から作るための技術と手段が無いユーザでも、複数のモーフターゲットを組み合わせて、パラメータを調節する事で自分の気に入ったフィギュアを作る事ができる。

 そして、Poserのコミュニティではそうやって作られたたくさんのモーフターゲットやテクスチャやいろいろな小道具、衣服が各ユーザからフリーで提供されてユーザ全体の財産として共有されている。
 
 セカンドライフもデフォルトのアバターはとてつもなくバタ臭いが、
Freebieとよばれる無料のスキン(体型や顔のモーフデータ)やテクスチャを集めて、いろいろ組み合わせてやアバターを自分好みにカスタマイズできる。
 こうしたFreebieは共有されていて、セカンドライフのユーザであれば、誰でも入手できる。
 髪の毛や衣服も良質なものが無料で提供されているところまでPoserとそっくりだ。
 
 このアバターをカスタマイズする楽しさというのは、Poserでフィギュアをカスタマイズするときに感じる楽しさと同質のものだと思う。
 Poserのヘビーユーザがー軒並みセカンドライフにはまっている
のはその所為じゃないかな?
 
 逆に、カスタマイズで自分なりの好みのフィギュアを作り出すことに面白さを感じられない人は、セカンドライフにもPoserにも、はまることができないのではないだろうか?

 「自分の求めるものが無い」→「つまらない」
じゃなくて、
 「自分の求めるものが無い」→「じゃあ、作っちゃえ」→「なんて楽しいんだ」
 とポジティブに創造性を発揮できるひとが今のセカンドライフには向いていると思います。
                  
 「鳴かぬなら、鳴かせてみよう、ホトトギス」
と豊臣秀吉的に発想できるタイプは楽しめる。

 「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」
と織田信長に発想しちゃうタイプの人はたぶんつまらない。

 「セカンドライフはつまらない」とか「セカンドライフは終わっている」というアンチ・セカンドライフ的な言説をする人って多分後者なんだろうな。
  

 
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

TOP

Comment

セカンドライフ、ネットでやるには物凄く重過ぎるとか、余りにも(企業参加とかの)商売っ気がありすぎるとか、そういう部分で嫌う人が出てるようなところがありますね。
ちなみに、最近グラボ積んだ家のマシンでも重いらしいっす(^^;

ところで最近の3Dゲームって、ユーザーの人が自分好みのキャラクターで遊べるようにMODとか作ってるみたいっすね。
どこかのサイトでMODを手に入れて、メタセコで作った自分のキャラをプレイヤーキャラクターにして遊ぶ、みたいな。
POSERのユーザーコミュニティよりオタクっぽい感じっすけど(^^;
2007⁄08⁄18(土) 12:08 | | [edit]

「自分の求めるものが無い」→「じゃあ、作っちゃえ」→「なんて楽しいんだ」
という人間は、全人口の中の圧倒的少数派だから、流行らない(大衆化しない)って事だから
CANDYさんの分析と流行らない論者の分析は一致します。
2007⁄11⁄02(金) 10:46 |

Trackback

http://ultrawoman.blog14.fc2.com/tb.php/170-828805e2

セカンドライフ

セカンドライフセカンドライフ#リンデン・ラボー社が提供する一種のメタバーズ・Second Life#中高年世代を指す和製英語
2007/08/18(土) :  | あんなのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。